SNS集客に友達5000人なんて不要!SNSブランディングで「数」より大切なものは

この記事を書いたのはこんな人
994642_1389214244656761_1647221513_n
ケイイチ(長嶺圭一郎)
人見知りでコミュ障なのに手紙やmailなどの発信で14億売り上げてトップセールスになった人。今はその技術で商品・サービスをWEB発信で販売する個人や企業のお手伝いしています。そしてキャンプと焚き火LOVE♪ ⇒詳しいプロフィールはこちら
●Facebook ●Twitter ●Instagram ●LINE@
 

 

こんにちは、プロモーションセールスコピーライター長嶺です。

 

前回の記事を書きながらふと思ったのですが、SNSでの集客でやたらと友達の数を増やす事にこだわる人が多いですよね。

あ、ちなみに前回の記事はこちらです。

 

【TwitterやFacebookのビジネス利用で嫌われない為に意識すべき6つのポイント】

MAX_sumafowonigiru20141025170153

 

SNSではたくさん友達がいないとビジネス出来ないのか?

 

記事タイトルに書いた「5000人友達」っていうのはフェイスブックでの話ですが、ネット集客している人にはやたらと「数」にこだわる人が多いイメージがあります。

フェイスブック友達5000人
ツイッターフォローワー10000人
アメブロ読者登録1000人

他にはブログのPV数もそうだし、月収アピールもそう。メルマガの登録者数もそうかな。フェイスブックのイイね数とかもそうですね。

 

まぁ、確かに数が多いのはすごいと僕も思います。
でもその数字はしっかりと「その人を見てくれている」数字なんでしょうか?

 

もし本当に自分の事を見てくれている人が、5000人とか10000人集まっているというのであれば、もうその人の事業は成功したも当然です。今更SNSの集客に悩む事もないでしょう。

でも、自分の事を見ていない友達数をむやみに増やしているならば、そのままそれを続けても、一生ビジネス上手くいきませんよ?。と僕は断言しておきます。

 

・・・んーーーー、
ちと辛口が過ぎますかねぇ?
こんな事を言うと

 

「なに言ってるんですか長嶺さん!
数が多ければそれが自分の影響力の指標にもなるし、
沢山アプローチすればすぐに販売にもつながるじゃないですか!!

決して無駄なんかではありませんよ!」

 

・・・と、おっしゃる人もいるかもしれません。

ふむふむ確かに、言いたい事はよくわかります。数字がブランドとしてある程度意味を成す事も否定しません。それ見て「この人すごいなぁ」と思う人がいるのも確かでしょう。

 

しかし「凄い人」と「選ばれる人」は必ずしもイコールではないのですよ

今日はその「数字」にこだわる危険性について語っていきましょう。

 

ネットで集客するなら独自化は絶対に必須!

 

まず初めに、インターネットで集客をするのであれば『他の人とは違う存在になる』という事をどこの誰よりもこだわらないといけません。

なんせ、しっかりと独自化できてお客様にとって特別な存在になれれば、こちらからガンガンアプローチしなくても、勝手に人が集まって来てくれるようになりますからね。商売する上でこれほど嬉しい事はないわけですよホント。

でも、魅力がなければいくら数集めても全員からスルーされます、いくら卓越したライティングを書こうとも、素晴らしいサービスも提供しようとも、全く「見られることなく」終わってしまうわけですよ。

 

良い文章も、良いサービスも、見られなきゃ伝えようがないですよね?

そりゃガンガン押しに押していけば強制的に認知もさせられる事もあるでしょうが、僕の経験上、売上以上のスピードで悪評が広がっていくハズです。

ですから、ネットで集客する為には、選ばれるブランディングを築けるか築けないかが重要なポイントとなるわけです。

ですから、僕は普段のコンサルティングやライター業務でも人一倍独自化にこだわって活動しています。これができなきゃ集客&販売なんていつまでたっても上手くいきません。

 

数字ブランディングの儚さ

 

さて、本題に入りましょう。独自化に徹底的にこだわる僕ですが、数字によるブランド構築はそこまで重視すべきではないと思っています。

理由は「自分以外にも出来るブランディング」だからです。

 

自分以外でも出来るって事は、そもそもブランドとしての価値がないって事なのですよ『あなたしかできない』からこそ独自化が成り立つのです。

 

 

・・・いやね・・・・確かに凄いんですよ?

友達5000人にしても、フォローワー10万人にしも、PV100万にしても売上げが100万あるのも確かに凄いんです。

 

でも、それだけならキミじゃなくてもできるよね?それにそもそもキミよりも凄い人がいますよね??

 

キミじゃなくてもできる事である「数自慢」
キミ以上がすでにいる「数自慢」

 

果たしてその『数』は、お客さんがキミを特別視する理由に成りえるのでしょうか?

ハッキリ言って、数字は独自化の材料として弱すぎると言わざる負えませんね。

 

なぜ長嶺は独自化を成功し集客できているのか?

 

もちろん、数によるブランド構築が全くの無駄とは言いません。
確固たる独自化を成立させ、その上で示した数ならば意味を成すケースもあります。

 

例に挙げるならば僕ですね。

僕の場合、「14億売ったトップセールス」という数字が、他の人とは圧倒的に違う理由の一部に繋がっていますが、この世にはトップセールスなんて腐るほどいるし、僕よりも売り上げを上げている人も腐るほどいるわけですよ。

だから、この「14億売ったトップセールス」だけでは、お客様が僕を選ぶ理由としては弱い訳です。

 

ならば、何故僕に人が集まってきてくれているのか?
それは僕が、周りが汗水たらしながら必死に訪問営業しているとなりで『クーラーの効いた事務所から手紙やMAILを配信して、最も少ない集客数だった営業所所属で14億売ってトップセールス表彰された』からなんですよね。だからこそ14億の数字は意味を成すわけで、これでようやく「僕を選ぶ理由」になるのです

 

それに、そもそも僕の数字は僕のコピーライティング力を生かして行動したからこそついてきた数字でもあります。

つまり順番が逆なんですよ、
数字をあげたら独自化がなるのではなくて
独自化が成功するから数字が上がるし生きてくるのです。

 

こういう話をすると、決まってみんな「いやぁ・・・僕にはそんな独自化させるものを持っていないですよ」なんていいますが、こういうものは必ず誰しもが持っています。

ただ探すのが下手だったり、自分で凄い事に気づいてないだけですね。

 

まとめ

 

もしあなたが今

「まずはフェイスブックの友達を5000人にしよう」とか
「まずは読者数を集めよう」とか
「ひとまず大きな売り上げをあげよう」とか

そういう数にこだわる動きをスタートダッシュと位置付けているのであれば、
今すぐにそういう行動を辞めましょう。

 

まずすべきは自分だけの独自化ポイント探しです。

独自化ポイントは、自分で稼いで生きていきたいのであれば必ず見つけ出さなくてはなりません。

ここは根性出すところですね。

 

 

では、本日はこの辺で。


正しいアプローチとセールスコピーは

少ない集客でも高額商品を軽々と販売する

Startup Stock Photo


集客に失敗した営業所にいても、

手紙とメールで14億売って

トップセールスになった男がお送りする

プロモーションとコピーライティングが

分かりやすく学べるメルマガはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイイチ

会社員時代に、最も集客できてない営業所に配属されるも、手紙とMAILを駆使したレスポンス型セールスを武器にして14億売上げトップセールスなった経歴を持つ。   現在はそれらの経験で磨き上げた「プロモーション技術」「コピーライティング技術」を携え、コンサルタント・セールスコピーライターとして、個人・法人の商品やサービスをWEBで飛ぶように成約させる「自然なセールス&喜ばれるプロモーション構築」の専門家として活動中。 そして、キャンプ大好き、焚火大好き、自然大好きなキャンパー。岐阜県大垣市から近い大津谷公園キャンプ場と粕川オートキャンプ場に出没します。