『辞めた者たちのリレー式フリーランス会議』ただいま連載中♪
SNS集客する起業家は注意して!!間違ったSNS集客方法で集客力を弱めてませんか? | 自然派プロモーションセールスコピーライター

      2017/02/04

SNS集客する起業家は注意して!!間違ったSNS集客方法で集客力を弱めてませんか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ケイイチ
『辞めた者たちのリレー式フリーランス会議』ただいま連載中! 人見知りなのに手紙やmailで14億売り上げてトップセールスになった人。今はその技術でWEBセールスの仕組み制作したり、WEB集客&セールスの講師業やコンサルティングしている岐阜在住のプロモーター・セールスコピーライター。ペライチ公認の岐阜県代表サポーターでもあります。キャンプと焚火が趣味です

 

どうも、セールスコピーライターの長嶺です。

ネットで集客を考えた時、その手段の一つとしてまずSNSを考える人が多いですね。

 

確かにSNS集客はSEOによる集客に比べ成果が早く、繋がった人ともすぐコミュニケーションがとれるため、個人で行うビジネスの最初の一手としては間違っていないと思います。

僕も、ハウスメーカー時代にSNSから数千万円の住宅を契約したことあります。起業して僅か9日で高額コンサル受注したのもSNSです。(ちなみに両方ともツイッターです)

とはいえ、SEOによるサイト集客が軌道に乗り始めるとSNSより圧倒的な数の「良質なアクセス」が見込めるようになるので、SNSで集客する傍らでは必ずSEOを絡めたコンテンツマーケティングを並行すべきだと僕はいつも言っています。

 

そんなこんなで、僕もSNS集客を「まず最初にやるべきだ!」とは教えるのですが、、、でも、勘違いしてはいけない点が一点あります。

 

それは、決してSNSがビジネス初心者にやさしい場所ではない。と言うことです。

 

 

知りたくなかった。。。orz!!SNS集客の真実。

 

ウェブ集客するならまず始めるならSNS !

その本当の理由はさっき僕が書いたとおりですが

理由がいつしか「WEBマーケティング初心者はまず簡単なSNS集客から始めよう!」みたいな流れになっているのが現在のWEBマーケティング業界ですね。

 

言っておきますが、SNS集客は決して簡単ではありません!
むしろ、初心者にとっては難易度の高い集客方法であると僕は考えております。

 

勘違いしないでください。
僕がSNS集客をお勧めするのは簡単だからではありません。
集客効果が現れるスピードが早いからお勧めしているだけです

SNS集客をなめてかかると痛いしっぺ返しを食らいますよ!

 

それなのに「WEBマーケティング初心者はまず簡単なSNS集客から始めよう!」とか書いているWEBマーケティングコンサルタントが多いことに僕は怒りを通り越して哀れみすら感じます。

 

この理論がおかしくなってしまった原因は主に2つ。

 

1つ目は、「初めにやること」=「簡単で初心者向け」という誤解が生じていること。

そして、2つ目は、実はSNSが強者にとって圧倒的に有利な媒体であると言う裏事情。

 

1つ目はまぁ100歩譲って「コンサルタントの勉強不足」で許せるのですが、問題なのは2つ目です。

 

SNSは強者に圧倒的に有利な媒体である。

これが強者が弱者たる発信初心者にSNSを大きく薦めている理由です。
この真実に気付けている弱者はほとんどいません。

※補足※
ここで言う強者とは、すでにある程度の発信力を持つ情報発信者を指しています。
弱者とは、まだ発信による影響力が低い。主に初心者の方を指します。

 

おぉ・・・強者とか弱者とか・・・
なにやら陰謀論ちっくな流れになってまいりましたね、

ふっふっふ、、大好きですよ。陰謀論。

でも、実際にこの話には陰謀論に近いところがあったりします。

 

あなたは、SNS集客に必ずついて回る「利用する側(強者)」と「利用される側(弱者)」の関係図が見えているでしょーか?

 

SNS集客したいあなたが目指すべきは「気になる存在」である!

 

そもそもSNSで集客を成功させるにあなたがどうなる必要があるのか。
このややこしい状況を説明するためには、まずそこを説明しなくてはいけません。

 

で、話が長くなるの嫌なのでいきなり答え書きますが、

SNSで集客をしたいあなたが目指すべきは「気になる存在」なんですよ。

 

つまり、「この人ってどんな人だろう?」と思われる事。

 

これが必要なんです。

 

気になる存在になることによって、サイトを見に来てもらえたり、交流が生まれたりとビジネスに繋がるキッカケが得られるわけです。

 

・・・と、言うことは?

言うまでもなく、実績ある人や有名人が圧倒的にSNS集客では有利なんですね。

 

あなたも実力者や有名人のこと気になるでしょ?「この人どんな人だろう?」って。

 

それに対して、SEOによる集客は検索ランキングが全てです。

その人が世界的に有名な人であろうが、業界でNO1の実力者であろうが、検索で見つからなければいないのと一緒なんですよ。

実はSEOの世界こそ弱者にとってブルーオーシャンなんです。
(ただし、ランキングを上げるのに時間がかかります)

ちなみに、SNS集客についてお話しているこの記事は、2016.12.8現在Googleのランキングでも1位です。
(かれこれ半年近く1位をキープしております)

名だたるSNS集客のコンサルタントを抑えて、SNS集客をさほど強く打ち出していない僕が1位ですよ?このあたりからもSEOがその分野での経歴に左右されないことが分かります。

ちゃんとSEOの理屈を理解して良いものを書いて評価されればSEO順位は上げれます。

ただ、これで「オラオラ1位だぜ!スゲェだろ!フハハハハハハハハハハハ!」なんて言うつもりはまったくなくて、そもそも、この順位はたくさんの人に読んでいただき、たくさんの媒体でご紹介いただけたからこそのSEO1位です。
この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございます!

でも、多くの実力者はこの事実を隠しています。

なぜなら自分よりも弱い立場の人間がSNSにいた方が強者にとって便利だからです。

起業スクールやMLMがやたらと生徒や門下生にSNS集客を推し進めるのも、

生徒集客をお手伝いしたいわけではなく、
生徒集客をお手伝いさせたいわけですね。

この「の」と「に」の違いはかなり大きいです。
知らずに利用される生徒がかわいそうでなりません・・・必死に発信頑張ってもほとんどトップに集客を奪われます。

少し話題がそれますが、Twitterやfacebookで生徒が塾やスクールの活動をやたらとPRしている所には入会しないようにしましょう。

あ~いう団体はいるとやたらと活動自体は派手で目立つようになりますが自分の活動は目立ちません。

ハッキリ言ってあの手法で本当に集客が上手くいっている人に僕は出会ったことがありませんので、本当に気を付けてほしいです。

 

有名人&強者が圧倒的に有利なSNSの世界

 

有名人や実力者にとってはSNSこそがブルーオーシャンな世界。

まぁ、周りが自分のことをチヤホヤしてくれるから当然ですね。

チヤホヤされればされるほど周りに自分の影響力を誇示できます。

 

あなたがどのようなビジネスをしているかわかりませんが、少なくともこのサイトをご覧になっているということは、何かしらの商品をネットで販売しようとしているはずです。

そんなあなたに、まず絶対忘れないでほしいことがあります。

 

それは、

お客さんは常に1番気になる人から物を買う。

ということです。

 

あなた・・・強者のSNS集客に利用されていませんか?

 

「学んだことはとにかくアウトプットすることが大切です!早速、今日のセミナーにきている事をSNSに投稿しましょう!」

例えばこんな事をセミナーで言われたことありませんか?

 

もしくは、

「有名人と2ショット写真撮ると注目を浴びますよ!」

とか、言われたことありません?

 

似たような話だと、やたらとタグ付けを推奨する塾とかコンサルタントはいませんか?

最近のバズマーケティング系コンサルタントは大体このやりかたしてます。

多少のニュアンスは違っても似たことを言われた人は多いはずです。

そして、この言葉に従い、有名人の名前を書いたりタグ付けしたりしながらツイッターやフェイスブックに投稿した事があるのではないでしょうか?

 

もしくは、

「私にわざわざ会いに来てくれた人がいます」

とか実力者が書いた投稿にタグ付けされたりとか、そういう経験された方も多いことでしょう。

 

ズバッといっちゃいましょ。これ強者の戦略です。

 

セミナーのアウトプット?
いやいや違う違う、
あなたは強者の宣伝を手伝っただけです。

 

2ショットだと注目を浴びる?
いやいや違う違う、
あなたよりも隣の強者に注目が集まってます。

 

SNSは影響力の少ない者が影響力の強い者に搾取されやすい構造なんです。
特にフェイスブックはその傾向が顕著な媒体といえるでしょう。

バズとは、SNS投稿やブログ記事がSNSで話題に上がり、ユーザーによるシェア・リツイートによって大きく拡散されることを言います。

つまり、ユーザー間で話題に上がって自然に拡散されるのが本来のバズであり、意図的なタグ付けによる拡散を繰り返す行為バズではありません。それは一般から見ると「キモチノワルイ宗教団体」にしかみえません。

『これこそがバズマーケティングである!』なんていう人もいますが・・・アホだとここで断じておきましょう。笑

 

WEBマーケティング初心者がSNS集客でやってはいけない行動3選

 

SNSがビジネス初心者にとって実は難しい場所であることがお分かりいただけたでしょうか?

 

特に、ビジネススクール団体の構成員になってしまっている人は気をつけてください。

師が教え子の発信力を搾取する仕組みを「成功術」だと教えている腐った起業塾は数え切れないほどあります。

中には、師を敬う投稿を強制させている人もいます。

 

僕はそういう団体や人が昔から大嫌いです!

起業とは、こすと書きます。
独立とは、りでつと書きます。

それを目指す人を集めておきなから、自分の下に従わせているわけですから・・・起業を教育するものとしてありえない行為です!

自分の下に従えたいならキチッと給料払って従業員を雇えや!って話ですよね。

 

ちなみに従業とは、うと書きます。

・・・あなたは従業員になりたいのですか?それとも独立起業家ですか?

 

起業独立をしたいのであれば、自分の立ち位置には細心の注意を払ってください!

くれぐれもお金を払ってまで従業行為をされないように!!ばかばかしいです。

 

 

・・・っと、興奮のあまり、話がそれてしまいましたね。

では、最後にそんなこわーーーいSNSを情報発信初心者が上手に活用するために絶対に抑えるべき3つのポイントご紹介しましょう。

 

①誰かの下についていると思われる投稿は避けるべし

これはここまでに散々書きましたね。
あなたがSNSで集客を考えているのであれば、絶対に自分がその分野でNO1であり続けてください。

別に偉そうにしろとはいいませんが、安易にはへりくだらないこと。

セミナーや本で学んだ知識はもうあなた自身の知識です。
堂々と自分の言葉で発信し続けてください。

○○で学んだとか、××から教わったとか、そんな蛇足は無用です。

 

②SNS投稿よりも交流に重きを置くべし

 

SNSで重要なのは投稿よりも交流です。

極端な話をすれば、投稿なんて1週間に1回でもかまいません。(もちろんしたほうがいいですけどねw)
1個、渾身の投稿があるならば、友達との交流に全力を費やしましょう。

毎日投稿しないけど考えさせられる投稿を過去にしている、フレンドリーな人と

毎日似たような投稿を繰り返している交流のない人。

あなたはどちらに興味をそそられますか?

 

③質の悪い繋がりはガンガン削除すべし

 

SNSは、自分ひとりでは成りたたず友達あってこそ機能する発信媒体です。
つまり、あなたのSNSの雰囲気やクオリティは友達の質にも影響されます。

ビジネスでSNSを使うのであれば、自分のブランディングを汚すような友人はどんどん排除していってください。

SNSはいろいろな人と繋がれますが、それだけ変な人と繋がってしまうリスクもあります。

あなたの真面目な投稿を台無しにしたり、あなたの大切な友人に迷惑をかけたり、そんなことをしてくる人もめちゃくちゃ多いです。

中には、悪気なくそういう事をしてくる人もいますが、それらは全てあなたの価値(ブランド)の質を下げてしまいます。

少し心痛むかもしれませんが、あなたのビジネスに邪魔だと感じたらサッパリ繋がりを切りましょう。

 

 

以上。

強者に搾取されない強い存在になって、たくさんの自分のファンを掴んでくださいね!!

 

さらに、威厳や説得力ある文章を書きたい!という方にはこちらの記事がお勧めです。

 

正しいアプローチとセールスコピーは
少ない集客でも高額商品を軽々と販売する

Startup Stock Photo
集客に失敗した営業所に配属されても、

手紙とメールで14億売って
トップセールスになった男がお送りする

プロモーションとコピーライティングが
高次元で学べるメルマガ講座はこちら。

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイイチ
『辞めた者たちのリレー式フリーランス会議』ただいま連載中! 人見知りなのに手紙やmailで14億売り上げてトップセールスになった人。今はその技術でWEBセールスの仕組み制作したり、WEB集客&セールスの講師業やコンサルティングしている岐阜在住のプロモーター・セールスコピーライター。ペライチ公認の岐阜県代表サポーターでもあります。キャンプと焚火が趣味です
メルマガバナー

人気記事一覧

全てのビジネスに通じる一冊。

読んでみて僕が思わず唸った一冊。強みと情熱を活した自分にしかできないビジネスしたい人には力強くお勧めしたい!

img7

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報

Copyright© 自然派プロモーションセールスコピーライター , 2016 All Rights Reserved.