『辞めた者たちのリレー式フリーランス会議』ただいま連載中♪
プロフィール | 自然派プロモーションセールスコピーライター

プロフィール

IMG_6641

 

これは岐阜県池田町にある無料キャンプ場の写真です。

僕のオフィスから20分ほど走ったところに、こんな自然に囲まれつつもきれいに整備されたキャンプ場があります。
空気も透き通っていて気持ちがよく、夜には美しい星空と夜景を見ることもできます。

僕はアウトドアが趣味なのでよくここでビジネス仲間やクライアントとBBQやキャンプをします。

岐阜の自然に囲まれた空間で食べるアウトドア料理は評判がよく、今では東京や大阪、遠い方だと北海道、福岡などからキャンプしに来てくれます。

もしご興味がありましたらあなたも是非遊びに来てください。

 

長嶺圭一郎プロフィール

 

はじめまして長嶺圭一郎(ケイイチ)と申します。
この度は僕のサイトを見ていただき、誠にありがとうございます!

僕はとても人見知りな人間で自分から話しかけることが苦手です。
だからこうやって人が自然に集まるWEBサイトには昔からとても助けられています。

特に初対面が大の苦手なので、飛び込み営業をするぐらいなら地上223m61階の高さからのマカオバンジーに挑んだ方がマシだ!と心の底から叫べる男です。

 

2507-01

 

 

・・・まぁ、

 

 

僕、バンジーしたことないですが(ぇ

 

そんでもって高所恐怖症だから、
高い所なんて足が震えて登れませんがね。

 

ついでに海外も行ったことありません。
マカオなんて陽気な国に行った日にゃその軽快なノリに付いていけず、怯え震えてホームシックになることでしょう。笑

 

住宅営業時代はお客様の家に訪問する勇気がなくてずっと電柱の陰に隠れていたようなやつです。
チャイムをならすのに3時間かかったこともあります。

だからプロフィール写真も電柱に隠れています。笑

994642_1389214244656761_1647221513_n

そんなドヘタレの代表ともいえる僕ですが、文章を使ったマーケティングとはとても相性がよくて会社時代に手紙とメールを活用したセールスで14億円の売上げをあげました。

 

とりわけ驚かれるのは、
僕が売り上げたその環境です。

 

僕は入社から退職までの7年間、東海27拠点で一番集客の少ない拠点に所属し、7.3倍の集客差がある他営業所の営業を差し置いて、人見知りで営業が苦手なのに幾度とトップセールス表彰を頂きました。

 

また、その実績を見出され、住宅WEB販売事業のプロジェクトリーダーに選出頂き、プロモーションやWEBマーケティングを学ばせていただきました。

とても貴重な体験をさせて貰えて、元職場には非常に感謝しております。

 

現在は独立し、岐阜県大垣市今宿のソフトピアジャパンセンターの一角にオフィスを構えて、セールスコピーライター・プロモーター・コンサルタントとして活動しております。

1024-768

 

現在の活動

 

セールスコピーライター・プロモーターとして、個人や法人の商品プロモーションセールスを裏からお手伝いする他、コンサルタント・セミナー講師として、起業支援や情報発信ノウハウの提供、収益化の仕組みづくり指導をおこなっております。

 

その他、アフィリエイトセンターの運営も行っておりますし、

キャンプ・アウトドアイベントを主催して、
各業界で活躍される事業主、経営者をお呼びし
焚き火料理を振舞いながらの交流会もたびたび行っております。
(口下手な僕はずっと料理を作り続ける係です。笑)

 

12232727_426310517576416_4140969970445492257_o
IMG_6815

 

プロモーションセールスコピーライター

 

当サイト名にある、
「プロモーションセールスコピーライター」

10人に聞けば、もれなく10人から

「なんだそれ?」
と言われるであろろうこのタイトルには、

僕がこれまでに培ってきた、少ない集客でも確実に成約を重ねそれでいてお客様には親しんでもらえる、自己流のセールス理論が込められています。

coffee-cup-desk-pen

 

セールスコピーライティングで全てがうまく行く。の嘘

 

セールスコピーライター名乗る僕がセールスコピーライティングを否定する。

同業者からは「ナニイッテンノ?」と言われそうですが、コピーライティングさえあれば商品が飛ぶように売れていく!という話に僕は昔から疑問を感じていました。

 

いや、確かにコピーライティングは強力です。

しかし、コピーライティング発祥の地であるアメリカと日本は根本的に文化が異なります。

 

アメリカ文化を象徴する出来事としては、プレゼンの手腕が世界一と謳われたApple Inc.の設立者の一人スティーブ・ジョブズが行ったiPhone発売開始のプレゼンテーションがよい一例かもしれません。
このプレゼンは世界最高峰のプレゼンのひとつに数えられ、いまや伝説となっています。

Steve-Jobs-Presenting

僕もこのジョブズが行う伝説のプレゼンを何十回と見てきました。

彼の一挙一動すべてが洗練されていて、間の取り方、声のトーン、言葉のチョイス、全てが非常に高いクオリティで仕上げられ、何度見ても飽きることがありません。

会場も大盛り上がりで大きな歓声が上がり、最後には観客の全員がスタンディングオベーションで拍手喝采を送り、iPhoneとジョブズに最大の賞賛を送りました。

 

しかし、僕はこの動画を見て思うことがあります。

 

もし、この発表が日本で行われ、日本語でプレゼンされていたら、、、、

日本人はここまで盛り上がっただろうか?

僕にはその場のパフォーマンスのみで、
日本人があそこまでノリノリになる光景が想像できないのです。

 

プロモーション
×
セールスコピーライティング

 

日本人はとても思慮深く一時の感情に囚われてルールやモラルを乱しません。

世界中からもその国民性が賞賛されていますし、僕は同じ日本人としてとても誇りに思っています。

ただ、この慎重な国民性は “消費者の購買欲(感情)を揺り動かす事”を目指している僕のようなセールスコピーライターやプロモーターにとっては高いハードルとなります。

だから、慎重な日本人に対して1発のセールスレターだけに頼るのに無理があるのです。

 

案の定、セールスコピーのゴリ押しで無理に売ろうとする日本のWEB市場は、多くの人が不快感を覚えるキモチノワルイ世界になりました。

派手な色使い、あざとい表現による煽り、お客様を追い詰めるようなストーリー展開。
1人のお客様を得るために9人のお客様を不快にさせる。そんなセールスプロモーションが蔓延しました。

 

僕は世の中に出回っているセールスコピーライティングをほとんど学ばずに、独学で文章セールスをし続けた人間です。

だから余計に、アメリカから輸入されたコピーライティングテクニックが蔓延したWEB販売戦略に違和感を感じるのだと思います。

 

僕はセールスレターに繋げる導線・ストーリーである「プロモーション」をセールスレターと同じぐらい重視して活動しています。

その方法で14億でトップセールスという大きな実績を出せていますし、今も多くの商品やサービスの販売をお手伝いしています。

 

結論から申し上げると、計算されたプロモーションの威力は絶大です。このプロモーションなくして最高のセールスは成し得えません。

 

10年以上セールスの世界にいる僕が考える、販売者と購入者双方が最も幸せで最高のセールスは、

「○○さんの紹介だったら大丈夫でしょう。もう買います^^」

の一言から始まるクロージング不要な、まさに自然体のセールスです。

 

この自然体セールスは購入者側の顧客満足度も高く、販売者側も高い利益率を維持できる、まさに理想のパターンです。

もちろん、受注の漏れをなくす為にセールスレターは徹底的に作り込む必要はありますが、僕が目指すセールスは「セールスを作り込んだ上でセールスレターが読まれないセールス」です。

その為に、プロモーションの力が必要不可欠となります。

 

手元の集客から最大の利益を生む専門家

 

僕は、セールスレターとプロモーション双方をこだわり抜くことで少ない集客でも確実に成約数と顧客満足度を伸ばすことを得意としています。

そのおかげで、僕自身も少ない集客でも14億売ってトップセールスとなりましたし、現在も少ない集客で活動されている事業主や、絶対的に顧客数が少ない業種で事業展開されている経営者の商品プロモーションをお手伝いさせていただき、売り上げに貢献させていただいております。

そんな実績や経緯もあり、今は「手元の集客から最大の利益を生む専門家」として多くのプロモーションに携わらせていただいています。

 

このサイトではプロモーションやセールスコピーライティングについてや、日々の活動の中で思い浮かんだ雑記などを配信していきます。

興味がございましたらぜひともメルマガにもご登録ください。

 

『メルマガはこちらからどうぞ』

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

このご縁が良縁でありますように。

Copyright© 自然派プロモーションセールスコピーライター , 2015 All Rights Reserved.