ビジネスはRPGゲームだと思えば上手くいく。さぁ行こう冒険の旅へ!

ビジネスコラム

SNS やブログを見ていると

「何を見ても同じ情報ばかりだ・・・もっといい情報ないの?」
「こないだ行ったセミナー、他の人と同じことばっかり言っていた行って損をした」

などと書いてあるのを時々見ます。
こういうのってAmazon本のレビューも多いですよね

「この本には他の本に書かれてるようなことしか書いてありません」
「この著者はいつも同じことばかり書いている。前の本で充分!」

ふむふむなるほど・・・いやぁ・・・惜しい!

この人たち本当に惜しいなぁぁああ!

同じ情報ばかりに出会ってしまうあなたはもう次のステージに向かうレベルに達している!

 

僕はこういう感想や愚痴を見るたびに惜しいなぁって思っちゃうんです。

なぜならもうその人達は、情報を取得するフェーズがもう終わっていて、行動に移るべきフェーズに達しているからです。

もう行動すれば結果が出せる実力や条件が揃っているにも関わらず、ずっと情報収集ばかりしているわけです。しつこいけどほんっっっッとに惜しい!

って、いきなりこんなこと言っても意味不明だと思うので少し説明しますね。

僕はビジネスをRPG ゲームと同じだと思っています。

あなたはドラクエとかファイナルファンタジーをやったことありますか?

個人的にはドラゴンクエストあまりやった事なくて、 ファイナルファンタジーばかりやっていたんですけど、こういうRPGゲームでは

◇村人の誰に聞いても同じような情報しか出てこない
◇色々な物を調べても次に繋がるヒントが見つからない

そういう場面に数えきれないぐらい遭遇します。

これってRPG では当たり前の現象で、こうなったら冒険を先に進めないともう何も情報が得られません。

 

だからRPGゲーム慣れしている人は

なんて当たり前のように考えて冒険にくり出すわけです。

・・・大丈夫かな?レベル足りてるかな?

とか不安な気持ちを抑えながらストーリーを先に進めて、無事に先に進められた結果、また新しい情報に出会えたり、新しい人物に出会えたりする。

そしてさらに物語を先に進めるヒントを得られることができる。

 

・・・まぁ RPG やってる人にとっては当たり前の流れです。

つまり、セミナーとか本を見てどれも同じ情報ばかりだな・・・もっと起死回生の方法ないの?と思っちゃっている人はおそらくもう情報収集の段階を終え、先へすすむ段階へ達している人なんだと思います。

だからもう先に進むべきです。

もちろん情報収集が趣味だという方もいらっしゃるので、そういう方はそれで構わないんですけど、その情報を得て何かしたい!もっと先に進みたい!と思ってる方は、同じような情報ばかりになってしまった自分の段階を前に進める行動を始めましょう。

 

こういう情報収集を『インプットする』なんて言葉で表すことが多いんですけど、このインプットの質はアウトプットで決まるとも言われます。

つまりあなたのインプットの質が高いか低いかは、結局 あなたの行動次第なんです。

なので行動をしましょう。

その先にきっと、今よりもっと楽しくて可能性にあふれた世界が広がっていますよ^^